FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


11 | 2006/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『グッバイ、レーニン!』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★★★★★
母のために奔走する息子。コミカルなんだけど愛に溢れていて、たくさん笑って、ちょっぴり涙しました。(*^ ^*)

グッバイ、レーニン!
グッバイ、レーニン!
posted with amazlet on 06.12.09
ビデオメーカー (2004/10/16)
売り上げランキング: 20509

2003年:ドイツ
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、チュルパン・ハマートヴァ、マリア・シモン、フローリアン・ルーカス

相方がビデオで借りてきたのを予備知識なく見たのですが、何気に良かったです。
「ベルリンの壁」崩壊直前~崩壊後までの、とある東ドイツの家族を描いた心温まる映画です。

東ドイツ建国40周年を祝う式典の夜、主人公アレックスは「改革」を求めるデモ行進に参加。一方、そんな息子の姿を見た彼の母親 -超愛国主義で社会主義信奉者- は心臓発作を起こして、意識不明に。
8ヵ月後、母親は奇跡的に意識を取り戻したものの、「今度また心臓発作を起こしたら・・・。絶対にショックを与えてはいけない。」という状態。

ショックなことを与えてはいけない?

母親が昏々と眠っていた8ヶ月の間に「ベルリンの壁」は崩壊。社会主義は終焉を迎え、町には西の物が溢れかえっています。社会主義体制に全てを捧げていた彼女にとって、今の生活は何もかもが「ショック」なこととのはず。
アレックスは、母親を守るため、母親にとってショッキングな出来事を全て隠すべく、ベルリンの壁崩壊前の生活を維持しようと奔走しはじめます。(以下、ネタばれ含みます)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2006/12/08 17:21】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。