FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


11 | 2006/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
誘拐ラプソディー
シェアブログbookに投稿

掛け値なしにおもしろく、ちょっぴしほろっとさせられる一冊です。(^ ^)

誘拐ラプソディー
誘拐ラプソディー
posted with amazlet on 06.12.10
荻原 浩
双葉社
売り上げランキング: 668358


いやぁ~、おもろかった!!! 自分が荻原浩さんと出合ったのが「明日の記憶」だったので、ちょっぴしびっくりしました。こんなコメディタッチな本を書いていた人だったのかと・・・。反面、納得。だからこそ、「明日の記憶」もテーマが重い割には、どこかひょうひょうとした感じに仕上がっていたんだな、と。

さてさて。この本は、タイトル通り「誘拐」のお話。そして、「ラプソディー」の日本語訳「狂詩曲」という漢字のイメージが、そのままぴったり。簡単に言えば、どたばた喜劇かな。ただし、とびきり上質の、ね。

「誘拐犯」は、金なし×女なし×子供なし、あるのは前科と借金だけの、名前だけは仰々しい伊達秀吉(38)。膨らんだ借金の山から逃げ出し、自殺を試みるも、それも出来ず途方に暮れていたところに、なにやら金持ちそうな子供が転がりこんできて。いきあたりばったり、瓢箪から駒だとばかりに「誘拐」を図ってしまうのだけれど・・・。(多少、ネタばれ含みます)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2006/12/10 23:21】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。