上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『スライディング・ドア』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★★★★★
「もし~だったら?」誰もが考えたことのあるこの問を軸に進んでいくラブストーリーです。ちょい大人な感じ?ε- (ー ^ )

スライディング・ドア
ジェネオン エンタテインメント (2004/11/25)
売り上げランキング: 15868

1997年:アメリカ、イギリス
監督:ピーター・ハウィット
出演:グウィネス・パルトロウ、ジョン・ハンナ、ジョン・リンチ、ジーン・トリプルホーン

スライング・ドア(Sliding Doors)というタイトルのつけ方、そしてそして、物語の進み方。
とても巧妙で大人なラブストーリーです。

ある朝、広告代理店をくびになったヘレンは、意気消沈し帰途につきます。
地下鉄のホームに向かい階段を駆け下りるヘレン。しまりかけの地下鉄に乗れなかったシーンが描かれた後、巻き戻しのシーンを挟み、地下鉄に滑り込めたが描かれ、その後、2つの物語が交互に描かれていきます。

恋愛において「もし」という言葉は禁物だと思いますが、この映画では「もし地下鉄に乗れていたら」「乗れていなかったら」という仮定のもと、物語が進んでいきます。
2つのストーリーが微妙に折り重なる瞬間。一見、ハッピーに向かっている感じだった「滑り込めなかったら」の場合の最後の裏切り。
それでも、やはり「運命」の相手はいるのではないかと思わせるようなラスト。

ラブストーリーは、そんなに積極的に見るほうじゃないのですが、これは何度見ても飽きのこない上質な映画だと思います。(以下、ネタばれ含みます)

登場人物のありふれた感が良かったと思います。
主人公ヘレンとその恋敵のリディア。
ヘレンの彼ジェリーとその恋敵のジェームス。
この対照がなかなか現実味を帯びていました。

個人的には、主人公のヘレンには、あまり魅力を感じませんでした。うじうじしてるし、真面目だし。ちょっと臆病すぎて好感もてなかったのです。
その点、ヘレンの恋敵・リディアは、ややたくましすぎるものの、ヘレンよりもずっと共感できました。ジェリーに対して「あなたは私がどうしたいか分かっていないから、言うわ!わたしはあなたの恋人になりたいのよ!あなたを取り戻そうとしているのよ!」と啖呵を切る姿はかっちょ良かったです。(いや、わたしが男だったら、迷わず逃げ出すでしょうけど。笑)

一番楽しませてもらったのは、浮気男のジェリーです。小説を執筆するとか言いながら、ヘレンに養ってもらっているくせに、平気で昔の女・リディアを部屋にあげたり。良心が痛むと言いながらも、リディアとの浮気を清算できなかったり。
浮気を疑われたら、目が泳ぎ、しどろもどろになりつつ、逆ぎれ。思わず笑ってしまうくらい、リアリティに溢れていました。

ジェームスについては・・・う~ん、もうちょいイケ面にやって欲しかったかな。別に悪かったわけではないのですが。・・・だって、いい男が出てこなかったから。

ともあれ、優柔不断男に悩まされたことのある女の人。思わず浮気してしまい窮地に陥ったことのある男の人。きっと、どこかしら共感できる一本なのではないでしょうか。





予告編
http://www.youtube.com/watch?v=ZQkiaKwUoZw&feature=related



【2007/02/12 01:20】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<しゃばけ | BLOG TOP | 『世界最速のインディアン』 映画レビュー&予告編>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/105-524458d7


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。