上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ステップファザー・ステップ
愉快な双子と彼らのステップファザーが織り成すおかしみ溢れる短編集です。(^▽^)

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)
宮部 みゆき
講談社
売り上げランキング: 55960


おおっ。なんか、わたしが持っている文庫とは全然違う表紙になっています。
この表紙だと、児童書でもいけそうですね。確かに、中学生くらいなら十分楽しめる、かな?

物語の主人公は、ひょんなことからステップファザー(継父)にさせられてしまったプロの泥棒です。
彼を「お父さん」と親しげに呼ぶのは、まるきり同じ顔をした双子の直(ただし)と哲(さとし)。中学1年生になる彼らは、東京郊外のベットタウンの一戸建てに2人きりで暮らしています。
なぜ2人きりかというと・・・「父さんは、会社で自分の秘書をしていた女の人と」「母さんは、この家を建ててくれた工務店の社長と」それぞれ勝手に駆け落ちしてしまったから。

たまに電話をかけてくる両親は、どちらも、まさか相手も駆け落ちしているとは思っておらず、また、兄弟は2人きりの気ままな生活を楽しんでいたので、特に両親にそのことを告げることもせず・・・。
ただ、時間が立つにつれ、たった一つだけ問題が。それは、お金のこと。
そこに文字通り降ってきたのが、隣家に侵入しようとしていた泥棒だったのです。
落雷のせいで侵入に失敗し、双子の家に落ちてしまった泥棒。双子は彼を手厚く看護し、「警察には連絡してないよ。またムショに入るのは嫌でしょう?僕らの『お父さん』になって!」とチャーミングに脅迫。

かくして、「擬似家族」が誕生し・・・。

全7編。どれも、思わずくすりと笑ってしまうお話でした。
両親がそろって駆け落ち。残された双子が泥棒を脅迫して、「お父さん」に仕立て上げてしまう。設定的には、はちゃめちゃなんですが、双子のひょうひょうとした物怖じしないキャラクターがそれを実に自然に実行しているのです。

また、主人公の泥棒がいい。なかなかの推理力と洞察力。まずまずの腕の泥棒らしいのですが、何気に「いい人」なんです。
「『お父さん』だなんて冗談じゃない!」と思っていたのに、双子のペースに巻き込まれるうちに、いつか、「あいつらの本当の父親が戻ってきたら、俺はどうなるんだ・・・?(用無しで、ポイか?そんなさみしい思いまっぴらだ!)」と先々のことまで心配になってきてしまったりしていて。

お話しはどれも、ちょっとしたミステリーになっているのですが、その要素よりも、くすりと笑えて、何だか心が温かくなる、そっちの要素が大きいかな。
さらりと楽しめる一冊で、とてもおすすめです♪







【2009/10/10 18:49】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ウインドトーカーズ | BLOG TOP | 目黒区 歯科>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1068-014ce2ea


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。