上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
私の中のあなた
お気に入り度:★★★
全体的にはそんなに好きじゃないんだけれど・・・泣いちゃった。(TへT)

私の中のあなた [DVD]   私の中のあなた [Blu-ray]

2009年:アメリカ
監督:ニック・カサヴェテス
出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック
公式HP:私の中のあなた

これ、予告編やホームページの作り方が抜群に巧いですよね!
謎に包まれた真実が気になり、すごく面白そうだなと思っていました。
でも、先に見た友人に、ネタバレされてしまい、さらには、TBS系「王様のブランチ」のDVD紹介コーナーでもネタバレしていて・・・軽くイラっとしてしまったわけですが。

間違いなく、謎は謎のまま、見たほうが面白かったことでしょう!

ま、ただ、わたし基本的に、難病がテーマの映画ってあんまり好きじゃないんですよね。従姉妹が小児白血病で苦しんでいたのを実際に見ているので、きれいな病人メイクとかにしらけちゃって・・・
でも、その点でいうと、この映画で白血病のケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァは「丸刈り&眉そり落とし」で気合入っていて良かったです。

さて、謎は残したまま簡単にストーリーをご紹介しますと・・・。

ブライアンとサラは、2人の子ども - ジェシーとケイト - と幸せな生活を送っていました。ケイトが2歳の時に、白血病に侵されていることが発覚するまでは。
ケイトを救うためには、ドナーとなりうる3人目の子どもを遺伝子操作でつくるしかないということで、かくして、姉の命を救うために、アナが誕生します。それから11年の時が流れ・・・

アナは「自分の体は自分で守りたい」とケイトへの腎臓提供を拒否し、両親を訴えるために、弁護士事務所の扉をたたきます。

大の仲良し姉妹で、ケイトの看病も献身的に行っていたアナ。
アナが突然、両親を訴えるという手段に出たのはなぜなのか・・・?

と。まあ、こんな感じなのですが・・・

わたしの中では、遺伝子操作でドナーとしてつくられた子どもというのが相当ショックでした。
母親のサラは医師から「遺伝子操作で完璧に適合する子どもを作ることができる」という話を聞いて、即座に「やるわ!」と答えるのですが・・・

これって、すごいことですよね!?

「ドナー・ベイビーか・・・」と戸惑いを隠せなかった父親ブライアンのほうが、ずっとまともなんじゃないかと。ま、結局、彼はサラの勢いにのまれてすぐに同意してしまうのですが。

それでも、ドナー・ベイビーを創って、臍帯血(さいたいけつ)や骨髄(こつずい)を提供するまでは、まだ納得できます。それしか、手段がなかったら、やっぱりそう決意せざるを得ないかな、と。
だけど、腎臓をひとつ提供するっていうとなると・・・それはあり得なくないですか???

臍帯血(さいたいけつ)はドナーが痛い思いをすることはないし、骨髄(こつずい)は痛い思いはしても、その後の人生に後遺症は残りません。でも、腎臓を1つ提供してしまったら、普通の生活を送れなくなってしまうんですよ?

まだ11歳の娘の、これからくる楽しい青春時代を奪ってしまうって・・・
しかも、ケイトはもう腎臓を提供されても、完治する見込みはないところまできてしまっているのに。

サラがあまりにケイトにばかり必死で。痛かったです。

サラがケイトのために、自分の頭を刈るシーンとか。
ケイトに同じ病気の彼氏ができるとか。
このへんは無くても良かったんじゃン?と思ってしまいました。ま、彼氏役の子は、キュートだったけど。

ともあれ、ブライアンとサラの子どもを演じた子たちは本当に素晴らしかったです♪
アナ役のアビゲイル・ブレスリンちゃんは、『リトル・ミス・サンシャイン』の子だったんですね。全然、気がつきませんでした。

いかにもお涙頂戴的というシーンで、思わず泣かされてしまったりもしましたが、感動作というよりは、実はけっこう考えさせられるところのある映画かなぁと思います。

ちなみに、原題は "My sister's keeper"。
こっちのほうが断然内容とのリンクがありますね。







【2010/06/09 11:59】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<松鶴家千とせ劇団 | BLOG TOP | 英会話スクールへ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1347-c41b3a83


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。