上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
悪夢のエレベーター
お気に入り度:★★★★
あくの強いキャラと予想外の展開にやられましたっ!(>▼<)/

悪夢のエレベーター [DVD]

2009年:日本
監督:堀部圭亮
出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斉藤工、大場こういち

とあるマンションのエレベーターに閉じ込められた4人。
成り行き上、なぜか、各々の秘密を暴露しあうことになり・・・。

いやいやいやぁ~、全くもって、思いもしない方向に物語が進んで行きました。面白かった!
『キサラギ』や『アフタースクール』のようなどんでん返しが待っているお話なので、あまりレビューを書くことができないのですが・・・
エレベーターに乗り合わせた4人それぞれが、かなり良い具合にそれぞれのキャラを熱演していました。

空き巣狙いでマンションに来たという刑務所帰りの男、安井三郎=内野聖陽。
ジョギングに出ようとしていたという超能力の持ち主、牧原静夫=モト冬樹。
マンションから飛び降りようとしていたというゴスロリ少女、愛敬カオル=佐津川愛美。
妻の出産に立ち会うために自室に戻ろうとしていた、小川順=斉藤工。

内野さん、関西弁でチンピラ風をきどっていても、なんか格好よかったし♪モト冬樹さんは、サイケなバッタのようなジャージが似合っていたし。(なんでこんな派手な色?と思っていたんですが、それにもしっかり理由がありました。w)
ゴスロリ少女の佐津川愛美ちゃんは、「死んで自分をいじめたやつに復讐してやる」と危なげな雰囲気を出しつつ、いろいろな顔を見せてくれているし。斉藤工くんは、そんなあくが強いメンバーの中、フツーに今風に格好よいのが良かったです。

ま、でも、一番キャラが濃かったのは、マンションの管理人を演じていた大場こういちさんで、かなりきもかったです・・・。

ブラックな終わり方がちょっとタイプじゃなかったので、★4つにしましたが。
堀部圭亮監督の才能をひしひしと感じる良作でした!おすすめです!







【2010/12/19 18:30】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<手離せなくなったコンタクトレンズ | BLOG TOP | イングロリアス・バスターズ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1529-dea1e907


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。