上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
インシテミル
お気に入り度:★★★
途中までは面白かったのだけれど・・・

インシテミル (文春文庫)

求人情報紙にのっていた「モニター募集」のアルバイト。
その時給はなんと十一万二千円。
あるものは真偽を確かめるために、あるものは小遣い稼ぎで、あるものは冗談のつもりで・・・それぞれの思惑を胸にモニターに応募し、選ばれた12人の男女。

彼らは「暗鬼館」という地下の館で、一定のルールのもと、一週間を過ごすことになります。

いわゆる、「クローズドサークル」もののミステリー。
設定としては悪くないし、序盤は、「それからそれから?どうなるの?」とドキドキ、ハラハラ。時にビクビクしながら、読みすすめました。

ただ・・・
中盤から後半にかけてがなぁ・・・。

物語の展開は最後まで気になったものの、なんだか微妙な種明かし&オチでした。

それに何よりも、主人公・結城理久彦のキャラが最初のイメージとあまりにもかけ離れていくので、どんどん違和感が出てきてしまいました。脇役のキャラが、「実は猫被っていました」っていうのはアリでも、主人公の場合だと、どうにもおかしな感じ・・・。

たとえば、映画『CUBE』のように、人間の二面性みたいなものを描くには、ちょっと工夫が甘かった感じです。
ま、序盤は『CUBE』に勝るとも劣らない緊張感があり、非常に楽しめました。







【2011/01/19 15:25】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<「サクラ大戦 太正浪漫学園譚」戦闘の華! | BLOG TOP | 便利な食材宅配>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1553-4cdb998d


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。