上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
メコンデルタ日帰りツアー(前半)
シェアブログ1716に投稿
2007/8/23

0823mecon1.jpg

クチトンネルにつづき、メコンデルタへもTNKトラベルのツアーに参加。
メコンデルタの終日ツアーは英語7$、日本語17$とのことで、こちらは英語を選択。そんなに説明が全部分からなくてもいいかな、と思ったので。でも、結局、英語ツアーも日本語ツアーもバスは一緒で、しかも日本語ツアーのガイドさんが前日クチトンネルでお世話になった方で・・・
こちらから話しかけなくても、「オハヨゴザイマス。今夜一緒にビール行きマショカ?」と。笑

このツアーかなり充実した内容になっており、超オススメです!!!
写真のとおり、天気にも恵まれ、バケーション気分も満喫、最高に気持ちよかったです。v(^▽^*)

0823mecon3.jpgホーチミン市を朝8時に出発して、途中休憩を含み2時間30分くらいでメコンデルタの入り口「ミトー」の町に到着。そこから始まるボートクルーズは大中小様々な船でメコンデルタに浮かぶ中州状の島々を訪れるというもの。
まずは、大型船に乗り、幅広い河川をボボボボー。河川が狭くなったら、中型船に乗り換えてブルルルルー。

で、1番最初に着いたところは・・・

0823mecon4.jpg「ココナッツ・キャンディー」の工場です。
甘いココナッツの香りが立ち込める中、出来立てほかほかのキャンディーをパクリ。うまかっ!(>▽<)
この工場(というか半屋外の作業場です)、ものすごいエコです!
椰子の実を割り、ジュースと実の部分をくり抜くのは、椰子の木を使った道具。そして、ジュースと実を煮詰める燃料は、椰子の実の余った部分。
やっぱ、ベトナム人すごいなぁ~。

もちろん、お土産用に販売していて、大盛況でした。
1パック50個入りで1ドル。さらに5パック買うと1パックおまけ。安いし美味しいし、思わず大量買いしちゃいました。(ピーナッツ入りがうまかったです!)

さて、その次にたどり着いた所では・・・

0823mecon5.jpgニシキヘビちゃんが待っておりました。
ここのすごい所は、ニシキヘビちゃんを巻いて写真を撮るのにお金がかからないところ!
だいたいこういうのって、円にして500円とか現地の物価にするとバカ高い料金を請求されるじゃないですか!それがナイ!
ガイドさんが、ほらほら巻け~!と。首にポンとのせてくる。w

IHURUものせられました。思ったより、ヌメヌメはしていなくって、ヒンヤリした皮って感じでしたが・・・やっぱ、鳥肌はたちまくりでした。まあ、貴重な体験ができたってことで。
それにしても、西洋人たちはやけにヘビが似合っておりました。巻きつけて道歩いていても、フツーに挨拶してしまいそうなくらい。なぜだろ~。
ちなみに、ヘビちゃんは2匹待機しており、途中で交代させられていました。

さてさて、ヘビちゃんの後は、またボートに乗り、お昼所へ。

0823mecon7.jpgランチは日本語ツアー、豪華でした。英語ツアーの方は、タイのママー・ヘーン(インスタントラーメンの具入り汁なし)とスープだけでしたが、日本語ツアーの方はそれ+エレファント・フィッシュ(象の耳の形をした魚)の揚げ物、生春巻きつき。
それを見るとちょっと寂しかったですが、ビールで乾杯できたから満足!ママー・ヘーンもおいしかったし。(*^^*)

↑ランチの後片付けに余念のない鳥さん。

とりあえず、このへんで、後半へいきたいと思います。>メコンデルタ日帰りツアー(前半)

【2007/11/11 23:43】 旅行記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<メコンデルタ日帰りツアー(後半) | BLOG TOP | クチトンネル1日ツアー(後半)>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/166-da60f3c8


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。