上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『まほろ駅前多田便利軒』 本レビュー
お気に入り度:★★★★
ややワケありの男ふたりが織り成す物語はちょっぴり心にしみました。

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)   まほろ駅前多田便利軒

瑛太と松田龍平で映画化されるということで、気になっていた小説です。
たまたま図書館で見かけたので、借りてきました。

この作家さんの本は初めて読んだのですが、文章自体は中高生向きかな、と。分かりやすいといえば非常に分かりやすかったですが、ちょっと物足りなさもありました。ま、正直、好みの文章ではありませんでした。
でも、まあ、ストーリーのほうはそれなりに楽しめました。

主人公は「まほろ駅前多田便利軒」を営む多田啓介(ただけいすけ)。
働き盛りの彼が「便利屋」なんてものをノラリクラリとやっているのにはそれなりの理由があるのだけれど、それはしばらく秘密のまま。
そんな彼がある日ばったり出くわしたのは、高校自体のクラスメート行天春彦(ぎょうてんはるひこ)。

特別仲が良かったというわけでもない二人。
けれど、行きがかり上、多田は仰天を居候させるはめになり・・・。
それから1年、ともにバツイチの二人はたわいもない便利屋の仕事やちょっとした厄介ごとを一緒に片付けていきます。

その過程で明かされていく二人の過去。
そして、二人が負っている傷。

ワケは違えど、他人との関わりを避けていた二人が一緒に過ごしたことで、芽生えてきた何か。
ラスト、心に深い闇を抱えていた多田が「幸福は再生する」と思いなおせたことに、ほっこりしました。





【2011/04/30 14:43】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<パソコン処分どうしてる? | BLOG TOP | ガイガーカウンター「PM1208M」>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1727-ae2ba6ba


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。