上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『縞模様のパジャマの少年』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★★★★
衝撃的なラストに、最後までエンドロールを流してしまいました。

縞模様のパジャマの少年 [DVD] 縞模様のパジャマの少年 [Blu-ray]

2008年:イギリス、アメリカ
監督:マーク・ハーマン
出演:エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、アンバー・ビーティー、デイヴィッド・シューリス、ヴェラ・ファーミガ

映画館だとエンドロールが終わり、館内のあかりがつくまで席をたたないのですが、お家鑑賞だと、つい、途中でぷつりと止めてしまうことの多いエンドロール。
この映画は最後まで止められませんでした。

DVDのパッケージからして、 アンハッピーな終わり方だろうとは予測していましたが・・・
そして、衝撃のラスト、という口コミは知っておりましたが・・・
でも、まさか、まさか、あんな終わりかたになるとは・・・

最後はひたすら「ダメだよ、ダメだよ、行かないでっ!」と心の中で繰り返していました。

舞台は第二次世界大戦末期のドイツ。軍人の父の出世に伴い、引っ越しをすることになった一家の物語です。
引っ越しについて、主人公となる8歳の男の子ブルーノは仲良しの友だちと遊べなくなってしまうと不満顔。ブルーノより少し年上のお姉ちゃんは、まあしかたないわね、とクールな受け止め方。
心の底ではナチスに賛同していない感じのお母さんは、引越しに戸惑いながらも、それでも、夫に従うのを是としています。

その一方、ブルーノのおばあちゃん(軍人の母親)はアンチナチスで、おおっぴらに息子を嘆いていて、だけど、おじいちゃんのほうは軍人として出世していく息子を誇りに思っています。
それぞれの考え方と思いを描きながら、物語は一家の引越し先、ドイツ郊外にうつっていきます。

そう、軍人の父の出世は、強制収容所にかかわることだったのです。

家族に用意された家の窓からほんの少し見えた収容所の様子。
ブルーノはそれを「みんながパジャマを着ている不思議な農場」とばかり思うのですが、もっと離れた場所にあるとばかり思っていた母親はそのことに大激怒。
しかも、そこで、本当に行われていること(ユダヤ人の虐殺)を知ってしまってからは、精神的にどんどん病んでいってしまいます。

ブルーノのほうはというと、学校にも行けず、家に家庭教師が来る生活にうんざり。
ある日、禁じられていた方角へ探検に出てしまいます。そして、有刺鉄線の向こう側に同じ年頃の男の子を見つけて、友だちになってしまいます。

「どうしてみんなパジャマ(しましまの囚人服)を着ているの?」
「(フェンスの中には)遊ぶ子がいて、いいなぁ」
「こっちに着て、一緒に遊ぼうよ」

「ユダヤ人だから連れて来られたんだ」
「ユダヤ人はワルい人だって。でも悪くなんてないよ」
「きのうからパパがいないんだ」

彼らの間で交わされる何気ない会話に、なんとも言えない気持ちがこみあげてきました。

彼らは、まだ世の中で起きていることをはっきりと理解できるほど大人ではなく。
でも、おなかがすいているといえば、パンをあたえるような、相手を気づかう優しさはあり。
安易な言葉になってしまいますが、本当、一番の被害者ですよね・・・。

巧いなぁと思ったのが、彼らより少し上のお姉ちゃんの心境の変化の描き方。
まあしょうがないわね、と、クールについてきたお姉ちゃんは、引越し先で父の下についた若くてハンサムな軍人に恋心を抱き、あっという間にナチスに傾倒していきます。
けれど、ある日、その軍人が戦場の最前線へ送られてしまい、その理由に気がついた彼女はナチスの恐ろしさに気づき、目を覚ますのです。

感化されやすいけれども、ピュアな心は少しのきっかけで、方向転換できるんですよね・・・。

決して、心が晴れる映画ではありませんが、いろいろと考えさせられる、秀逸な一本でした。





予告編
http://youtu.be/ivSPRxQssN4



ハッピーメールバナー
ハッピーメール」で、素敵な仲間や運命の相手に出会えるかも!!
無料登録すれば、お小遣いがざっくざく稼げる高額アフィリエイトもできるよ♪ぜひお試しあれ~。



【2012/04/15 15:42】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<『あしたのパスタはアルデンテ』 映画レビュー&予告編 | BLOG TOP | 『終末のフール』 本レビュー>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1844-200ee372


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。