上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『マイ・ライフ』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★★★★★
余命わずかといわれた主人公の、残りの生き方に涙、涙、涙・・・。

マイ・ライフ [DVD]
マイ・ライフ [DVD]
posted with amazlet at 12.09.18
ジェネオン エンタテインメント (2007-02-23)
売り上げランキング: 51616

1993年:アメリカ
監督:ブルース・ジョエル・ルービン
出演:マイケル・キートン、ニコール・キッドマン、ハイン・S・ニョール

なぜだか無性に見返したくなり、10数年ぶりに鑑賞しました。
昔見て感銘を受けた映画でも、今見るとそうでもなかったというのはままあることですが、この映画は以前と変わらず、「いいなぁ」と思えました。

「マイライフ」、タイトルからして、病気が絡んでいそうな気配が漂っていますが、ずばり、その通りです。
主人公のボブは末期ガンで、抗がん剤治療などを試みるも、効き目が見られず、これ以上の治療は意味がないと医者から宣言されてしまいます。彼はそんな医者にどうにかやってみてくれと懇願しますが‐なぜなら彼の妻のおなかには初めての赤ちゃんが宿っていたから‐医者はホスピスをすすめるばかり。

そんな状態の彼は妻にも誰にも内緒で、会えるかわからない子どもに向けて、ビデオレターを撮り始めます。
初対面での格好いいあいさつの仕方や小さい鍋でのパスタの茹で方、音楽のこと。そして、いつかママは再婚するかもしれないけれど・・・なんてことまで。時にはふざけながら、時には真剣そのものに。
このビデオレターにはくすっとさせられたり、泣かされたり。とてもとても良かったです。

でも、ある日、彼の妻のゲイルがそれを発見し・・・
「すばらしいアイディアだわ!」と称賛しつつも、「でも。ひどいわ!」とブチ切れます。
「どうしてあなたはわたしに何も言ってくれないの?どうして四角い機械にしか心を開けないのよ?」云々と。
この奥さんがね、すごく素敵なのです。健気で優しくて包容力たっぷり。そして、めちゃくちゃ美人。いやいや若かりしニコール・キッドマン、恐るべし美しさです。

それに引き換え、ボブのほうは、仕事では成功していたかもしれないけれど、決して魅力的な男性ではなかったと思います。
部下に録らせた自分に関するインタビュービデオ(仕事の関係者がボブはどういう人物かを語っている)でも、あまりいいコメントは聞かれませんでしたし、自分の両親や弟との関係性からは器の小ささがありありと・・・。

ボブはとことん自分の両親を嫌っているのですが、どうやらその理由の大元は片田舎で肉体労働で生計を営む父を尊敬できないというようなもの。また、成功した自分を褒めてくれない、認めてくれないという思いが強くあるようで・・・。
ボブには弟がいるのですが、彼のほうは、汗水垂らして働く父が大好きで、仕事も継いでいるので、ボブがそこまで両親を疎ましく思うのは、単純に大人になりきれていないからだと思ってしまいました。

なので、正直、どうしてゲイルがボブと結婚し、そして愛し続けているのかはちょっと腑におちないところはあったのですが。

ともあれ、ボブはゲイルのすすめで、中国人が営む治療院(気孔かなにか?)に行き始めます。
一度は拒んだ治療ですが、「心にたまった怒りを捨てなさい」と言う治療士の言葉に耳を傾け、人生の終わりに、前に進んだり、後ろに戻ったりしながらも、少しずつ変わっていきます。

現実にそういう治療がどれほどの効果をもたらすのかはわかりかねますが・・・
生まれてくる子どもの存在を大きく感じた彼が、だんだんといろいろなことを許し、感謝していく。そして、子どもに向けてメッセージを残していく。
そんなボブの姿には、十数年前も今回も胸をうたれ、最後は涙が止まりませんでした。
じんわり心に響く、素晴らしい映画。老若男女に、おすすめできる一本です。





予告編 ※日本語字幕なし
http://youtu.be/L8dAe3u0vWg



ハッピーメールバナー
ハッピーメール」で、素敵な仲間や運命の相手に出会えるかも!!
無料登録すれば、お小遣いがざっくざく稼げる高額アフィリエイトもできるよ♪ぜひお試しあれ~。



【2012/09/18 10:12】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<『50/50 フィフティ・フィフティ』 映画レビュー&予告編 | BLOG TOP | 『ひまわり』 映画レビュー&予告編>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1861-455fb586


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。