上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『告白』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★(完成度:★★★★★)
出だしからラストまでぐいぐい引き込まれたけれど、誰にもおすすめする気になれない稀有な映画。

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
東宝 (2011-01-28)
売り上げランキング: 4942


2010年:日本
監督:中島哲也
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃、高橋努、井之脇海、田中雄土

映画を見る前に、原作である湊かなえのベストセラー小説を読んでおり、そのあまりの救いのなさ、後味の悪さに、映画は絶対に見るまいと思っていたのですが・・・
相方が1度ならず2度もDVDを借りてきて、うっかり出だしを見てしまったら、松たか子の圧巻の演技力に一気に引き込まれてしまったという・・・。

物語はある中学校の終業式のホームルームから始まります。
騒がしい生徒たちの間で、たんたんとある「告白」をはじめる女教師・森口。彼女は自身の娘(4歳)が同校のプールで亡くなったのは、事故ではなく、このクラスの「少年A」と「少年B」によるものだと語ります。
「少年A」「少年B」といっても、クラスメートの間ではすぐに誰のことかわかるもの。そして、森口は、この少年二人にある「復讐」をしたと告げます。

その告白の後、物語は森口の娘が殺された時とその前後、そして、森口の告白以後の出来事を「少年A」「少年B」、そして「少年A」と深くかかわることになる少女…、というように、主人公を変えて、順不同に進んでいきます。

犯人はわかった上での、「一体何があったのだろう?」「これからどうなっていくんだろう?」という疑問のわいてくるつくり。

小説同様、映画も「この先が知りたい」という欲求にかりたてられるつくりになっています。
時折はさまれるスローモーションや光のコントラストをつけた映像は映画ならではの魅力になっているし、一寸たりとも飽きさせることなく、物語は進んでいきます。

だけど…

だけどね。出てくる登場人物たちの誰にも好感がもてないんですよね。
自己顕示欲と自己憐憫の塊でできた少年A。劣等感と自己愛でいっぱいの少年B。我が子しか見えない少年Bの母親に、少年Bの登校拒否を正そうとする勘違いだらけの熱血教師。
そして、何より娘を殺された被害者であるはずの森口自身、憎悪にのみこまれた最悪の加害者にしかなっていかないという・・・。

唯一、少し好感がもてた、というか、雰囲気いいなと思ったのは少年Aと恋人のような関係になる美月という少女なのですが。彼女もまた一番言ってはいけないこと-他者のふれてはいけない傷-をさらりと口にしてしまう残忍さがあり・・・

そしてまた、小説同様、物語のどこにも救いがないし、明るい未来のかけらも見えてこない。
一体全体、こんだけ人間の嫌な部分ばかりを見せつけ、どうしたいんだよ???と、普通の思考の人間ならば思うんじゃないでしょうか?
なので、わたし自身、全然好きになれない映画だし、誰かにすすめたいとは思いません。

それでも、ひとつの映画の完成度としてはその高さにうならされてしまうという。なんとも複雑な映画です。





予告編
http://youtu.be/HaiVclUehBY



ハッピーメールバナー
ハッピーメール」で、素敵な仲間や運命の相手に出会えるかも!!
無料登録すれば、お小遣いがざっくざく稼げる高額アフィリエイトもできるよ♪ぜひお試しあれ~。



【2012/12/01 00:32】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<『カイジ2 人生奪回ゲーム』 映画レビュー&予告編 | BLOG TOP | SOY STORY>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1874-21b7924e


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。