上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生』 本レビュー
お気に入り度:★★★★
誰もが1つや2つ共感できるのでは?すいすい楽しく読める一冊です。

ゴールデンタイム―続・嫌われ松子の一生 (幻冬舎文庫)
山田 宗樹
幻冬舎
売り上げランキング: 277679

「『続』 嫌われ松子の一生」ということで目に入ってきたこの一冊。
あれ?松子さんは前作で亡くなっているし、もうその一生は語りつくされたんじゃなかったけっ?と思いながら、手に取りました。
ふむふむ、前作で語り手となっていた松子の甥の笙とその恋人の明日香が主人公なのね・・・と読み始め、一気に読破してしまいました。

語り手が順番に変わっていく手法は前回同様。
ただ今回語り手となるのは笙と明日香の二人きりで、前作で別れた二人は今は別々の場所でまるきり違う人生を歩んでいます。松子の人生を追うことで、自分の人生を見つめ直し、大学を中退して医師の道を目指した明日香。 彼女は無事、医大へと進み、医学生としての日々を過ごしています。
一方、笙のほうは大学を卒業するも定職につけず、アルバイトで生計を立てています。「何も始まっていないのに終わってしまったよう」な感覚を抱きつつも、焦燥感や悲壮感がうすく、どこか呑気な気配が漂っているのは笙の人柄。

明日香は医大でできた彼氏(総合病院の跡取り息子)にプロポーズされ、再度、人生の岐路に立たされます。
総合病院で望まれているポジションにおさまれば、将来は安泰、適齢期に子どもを産むことだって可能です。でも自分が憧れた分野に進むには、まだまだ勉強が必要で、一人前になれると思われるのは30代半ばを過ぎた頃。
しかも非常に狭き門を突破していかなければならない。さあ、どうしよう!?

笙のほうはというと、ひょんなことから出会った女性に、とある劇団の稽古に連れていかれ、やめた団員の代役をやることになります。
バイト以外は居酒屋でのらりくらりすることくらいしかなかった笙は、あれこれ教えてくれる団長の言うことを素直に聞いて、舞台にたつための稽古に喜びを見出していきます。

・・・というように、二人はなかなか交じりあわないし、前作の内容とは一見何の関係もないようではあるのですが。二人のこれから先の決意にはやはり松子の影響があるし、二人が恋人同士だったということも大きく影響しているわけで。
なので、これはぜひとも一作目を読んでから、読んでほしい一冊です。じゃないと、笙と明日香の深いところは分からないと思うから。

それにしても、笙、かわいいんだなぁ。自分の同級生にいたら、頼りにならないと感じてしまう気がするのだけれど、たまに会う年下の男友だちにいたら、抜群だと思う。
素直でのん気で、思いやりがあって。

笙は明日香と別れてからもずっと恋人をつくらなかったのだけれど、それは明日香を忘れられなかったからじゃなくて、人生の目標を見つけた明日香に対して、実はものすごい引け目を感じていたからなんじゃないかなぁ。
だからこそ、役者になりたい、って自分の夢を見つけたら、それを明日香に報告するために久しぶりに連絡とったりして。
めちゃくちゃ、かわいいじゃないか~!(・・・って、これもやっぱり、もし、自分が元彼にされたら、「うざっ!」って思っちゃうんだけどね。苦笑)

ともかく。明日香の悩みも、笙の悩みも、「よくありがち」なこと。なので、誰しもがどこかしらに共感できると思うし、楽しめる一冊だと思います。おすすめっ♪





ハッピーメールバナー
ハッピーメール」で、素敵な仲間や運命の相手に出会えるかも!!
無料登録すれば、お小遣いがざっくざく稼げる高額アフィリエイトもできるよ♪ぜひお試しあれ~。



【2012/12/12 23:23】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<電子書籍アプリ 年末セール☆ | BLOG TOP | 『カイジ2 人生奪回ゲーム』 映画レビュー&予告編>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1876-af6b9e1a


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。