上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『金平糖の降るところ』 本のレビュー
お気に入り度:★★★
好きすぎて、どうにもできない。つきつめれば、そんな感じになるのかな・・・?

金米糖の降るところ
金米糖の降るところ
posted with amazlet at 13.01.04
江國 香織
小学館
売り上げランキング: 70,532

『抱擁、あるいはライスには塩を』に続けて、久しぶりの絵國作品。
『抱擁・・・』のほうはレビューを書く気にもならないくらい、のめり込めなかった物語だったのですが、こちらのほうは、先が気になる展開で、あっという間に読み上げてしまいました。

ただ、全体的な感想としては、今ひとつ、かな。
ある時を境に、絵國さんの小説には「誰かとセックスすることを問題にしないカップル」ばかりが登場するようになり・・・。最初の頃はそれが新鮮でもあり、また、「理解できなくもない」ことのような気がしていたのだけれど・・・。
実際に、自分が結婚して、子供もできて・・・と人生を歩んできたせいか、やはりそれはあまりにも不自然な感覚に思えてきて・・・。

「嫌いになったから」「嫌いじゃないけれど愛情を感じなくなったから」。それが理由で誰かとセックスするのを容認したり。
もしくは、「ときめきたいから」「もう一度恋がしたいから」という理由で、誰かとセックスするのなら、まあ、安易ではあるけれど、大いに同調できます。
けれど、絵國さんの物語に出てくる登場人物たちは誰しもが「夫(妻)をかけがえのない人として愛している」のです。それはこの小説に出てくる佐和子と達哉のカップルも同様で。

以前は「アリ」と感じられたこの設定が、そう感じられなくなったのは、必ずしも自分が歳とったせいっていうだけじゃなく、「アリ」と感じさせる「説得力」が足りなかったのではないかと・・・。

佐和子は「カリーナ」という別名をもっていて、それは彼女がブエノスアイレス近郊の日系人の町で育ったから。
佐和子は「カリーナ」と呼ばれていた頃、妹のミカエラとともにゲームのように恋を楽しんでいました。
その自由奔放さは、少女たちのささやかな好奇心や嫉妬心がきっかけだったのですが、それは、後々、彼女たちを苦しめることとなるわけで・・・。

ともかく、まだ幼さの残る二人は「ボーイフレンドは<共有する>」というルールをつくります。なぜなら、カリーナにゾッコンだった男子が、ミカエラの誘惑に簡単に負けてしまい、「全ての男は浮気をする」と確信してしまったから、です。

けれど、海を渡った日本の大学で佐和子は達哉に出会い・・・。
佐和子はミカエラに初めて「共有しない」ことを宣言します。「たっちゃんには手をださないで」と。
大学卒業後、青年実業家となった達哉と、佐和子はついに結婚。二人は今もまだ深く愛し合っているはずなのですが・・・。

先にも書いたとおり、展開的には「どうなるんだろう?」という疑問がどんどんわいてきて、楽しめました。
だけれど、最終的には、「どうなんだろうな?」っていう感覚です。
それに、何より、登場人物たちが全然魅力的じゃないんですよね。そこが大いに問題だったかも。

また、以前はストーリーはともかく、事の真意をつくような何気ないけれど鋭い一文がそこかしこに見られたのですが、今回はあまりそういうのが見つけられず・・・。ややマンネリ化を感じた、残念な一作でした。
が、レビューを書く気になるくらいの面白さはありました、よ。




ハッピーメールバナー
ハッピーメール」で、素敵な仲間や運命の相手に出会えるかも!!
無料登録すれば、お小遣いがざっくざく稼げる高額アフィリエイトもできるよ♪ぜひお試しあれ~。



【2013/01/08 23:26】 本レビュー | TRACKBACK(1) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
<<サイパンダイビングを「学割」で | BLOG TOP | 楽天アフィリエイトで稼ぐ>>
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/01/17 14:05】 | # [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/1882-effca34c


姉妹のルールは好きな人を<共有すること> ブエノスアイレス近郊の日系コロニアで育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃からボーイフレンドををルールにしていた。留学のため来日した二人だったが、誰からも好かれる笑顔の男、達哉と知り合う。達哉は佐和子との交際を望み、彼女は初めて姉妹のルールを破り、日本で達哉と結婚する。同じく達哉に好意を抱いていたミカエラは父親がはっきりとしない命を宿してアルゼ...
粋な提案【2014/01/17 13:50】
このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。