上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
明日の記憶
シェアブログbookに投稿

若年性アルツハイマーに冒されたサラリーマン、と、テーマが重い割には、どこかからっとしていて、心にしみいってくるお話です。(*´ー`)

明日の記憶
明日の記憶
posted with amazlet on 06.03.17
荻原 浩
光文社 (2004/10/20)
売り上げランキング: 2,379

初めて読んだ作家さんだったのですが、なかなかIHURU好みの文章でした。って、IHURU好みと言われても、困りますよね。(^^ゞ ん~、全体的にすっきりした文体(妙に凝り懲りなところがない文体)なんですが、たま~に、はっとさせられるような鋭い一文が入っている文章、でした。

テーマは「若年性アルツハイマー」。(以下ネタばれ含みます)

主人公は50歳になったばかりの広告代理店の部長さん。最近、物忘れがひどいなぁ~、頭痛がひどいなぁ~、と感じていたら、なんと「若年性アルツハイマー」と診断されてしまい・・・。

だんだんと病状が進行していくさまが刻々と記されており、その焦燥感絶望感が伝わってきます。でも、全体の印象は決してダークなものではありません。
部長さんの人柄の表れなのか、ひょうひょうとした感じが漂っていて、軽いタッチで読み進めることができます。

ラストシーンで、主人公はある女性を見かけて「素敵な女性だ」と思うのですが、そう思った彼女が実は彼の奥さんであった、というオチが心憎かったです。その前夜まではかろうじて、妻のことは覚えていたのに・・・。
下のシーンがその一部なんですが・・・

私はまず自分が名のり、彼女の名前を尋ねた。答えは少しのあいだ返ってこなかった。影の長さふたつぶん歩いてから、じっと前を見詰めていた横顔がきっぱりこっちを向いた。
「枝美子っていいます。枝に実る子と書いて、枝美子」

・・・泣きたくなってしまいました。

この物語では奥さん側の心情が直接的に吐露されることは一切ないのですが、こういった動作の描写によって、想像を掻き立てられるシーンがたくさんありました。
巧いっす!

自分の愛する人が、もし、、、と考えたくなった夜に、どうぞ。(そんな夜、ないよね。笑)



▽記憶つながり
博士の愛した数式
http://ihuru.blog46.fc2.com/blog-entry-10.html#more(IHURUのレビュー)
こちらは、事故によって80分しか記憶を維持できなくなってしまった博士のお話。これもテーマの割りに軽妙なタッチでオススメです。


【2006/03/06 22:17】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<天国の本屋 | BLOG TOP | 流星ワゴン>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/25-a479af2a


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。