上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
天使の梯子
シェアブログbookに投稿

前作『天使と卵』のラストに結末がつく感じがして、すっきりしました。( ̄ー ̄)

天使の梯子
天使の梯子
posted with amazlet on 06.04.24
村山 由佳
集英社 (2004/10)
売り上げランキング: 10,923


「天使の卵」の続編。
続編というわりには、前作が書かれてから10年もたっちゃってるらしいんですが・・・。驚くほど、文体や表現内容が似通っています。
そりゃ、同じ作家さんではあるわけですが・・・ここまでまんまな作家さんも珍しいのでは?と思いました。まあ、続編だから、敢えてそうしているのかもしれませんが。(他の村山さんの作品は読んだことがないので、偉そうなことは言えないんですが、つい・・・。)

今回も、ピュアな純愛小説です。(以下、ネタばれ含みます。)

続編といっても、前作で主人公だった「あゆた」は脇役になり、今度は違う青年が恋するお話です。
恋する過程や、その気持ちの吐露は、前述したとおり、前作を読んでいるのかと錯覚してしまうくらい、共通しています。そういう意味では、前作ファンの人には文句なしの作品だと思いますが・・・。

何より、この作品では、唐突に終わった前作の結末にようやく決着が付けられており、そういう意味でも前作ファンに嬉しいお話になっているのではないかと思います。(つか、もっと早くに出しといてよ、と、思うかもしれませんが。笑)

ただ、前作を読んでなければ話が見えないというわけではないので、この話を読んでから、前作を読んでも問題ないです。むしろ、その方がすっきりするような気もします。

「俺の中では、何もかもみんな春妃につながってる。とくに桜を描く時なんか、春妃そのものを描くつもりで描いている。空を描こうが、森を描こうが-同じなんだよ。」

ん~。最高にくさい、いやいや、ロマンチックですね。
まったりしたい夜にはぴったりだと思います。




天使の卵―エンジェルス・エッグ
http://ihuru.blog46.fc2.com/blog-entry-27.html#more
なんか、今読み返してみたら、すっごい中途半端なレビューだった。う~ん・・・。まあ、いいか。

【2006/04/24 22:07】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<嫌われ松子の一生(本) | BLOG TOP | 『チャンプ』 映画レビュー&予告編>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/43-c6ab8d8f


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。