上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
シティ・オブ・ゴッド
お気に入り度:★★★★★
ストリート・ギャングとして生き抜ける主人公たちがとびきりクール!面白かった!(>▽<)

シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャルエディション (初回限定2枚組)
アスミック (2003-12-21)
売り上げランキング: 12960

2002年:ブラジル
監督:フェルナンド・メイレレス、カチア・ルンヂ
出演:アレシャンドレ・ロドリゲス、レオンドロ・フィルミノ・ダ・オラ、フィリピ・ハーゲンセン
公式HP:CITY OF GOD

1960年代、ブラジル、リオデジャネイロ郊外に作られたファベーラ(貧困街区)。その名も「神の街(CITY OF GOD)」。
そこで繰り広げられる抗争と、ギャングの道まっしぐらの少年たち。
真実をもとに作られたこの映画。まだ年端もいかない少年たちが銃を持って走り回っているという事実に心を痛めるべきなんだろうけれど、そのパワフルな生き様には、すっかり虜になってしまいました。

壮大な物語の幕は、一羽の鶏に焦点をあてて開かれます。
何だか不信気にあたりをうかがっている鶏。それと交互に映し出されるのは、他の鶏が次々にさばかれ調理されている映像。コマ送りの映像のバックには周囲の雑音とポップな音楽。
と、次の瞬間、その鶏が逃げ出します。それを追いかけるのは、銃を片手にした少年ギャングたち。

まず、この冒頭のシーンに目を奪われました。クールです!!!
なんでも、監督のフェルナンド・メイレスは、ブラジルCM界の寵児だそうで、確かに、CMクリエイターとしての腕が見事に生かされたシーンがたくさんありました。(もちろん、このシーンも)

さてさて、パンチのきいた鶏を追うシーンの続きは、ギャングと警察の間に挟まれたブスカペ(アレシャンドレ・ロドリゲス)に焦点がうつっていきます。そして、以降、ブスカペが案内人となり、「神の街」での出来事が描かれていきます。

舞台は、10年ほど過去に遡り、60年代の「神の街」へ。

そこでは、ブスカペ自身の生い立ちとともに、後に街を牛耳ることになったリトル・ゼの生い立ちが追われていきます。
60年代、街のチンピラとして名を通していた3人組の1人マヘクの弟だったブスカペ。彼は、兄とは対照的に暴力的なことを嫌い、「カメラマン」となることを夢見ていました。
一方、3人組の1人カベレイラの弟ベネと親友だったリトル・ゼは、3人組にくっつき、幼い頃から悪さを繰り返し、「街一番のギャング」になることを夢見ていて・・・。

2人の少年と彼らを取り巻く少年たち。
新しく建設されたばかりのファベーラ。そして、そこで暮らす人々の様子。

ふむふむと思っているうちに、時はぐんぐん進んで行き、70年代。 リトル・ゼは、コカイン・ビジネスに手を出し始め、みるみるうちに勢力をのばしていきますが、コカイン・ビジネスを巡る抗争は絶え間なく・・・。
ブスカペのほうは、まじめにやっても報われないと、一時は、ギャングの道へ進もうとしたりもしますが、結局、道をふみはずすことはできず、ふとしたきっかけで「カメラマン」になるチャンスをつかんでいきます。

そして、ラスト、冒頭のシーンへとつながっていき、物語は幕を閉じます。

って、かなり省略していますが。まあ、とても複雑なんでね。w

ところで、この映画、中心人物のブスカペ、リトル・ゼをはじめ、出演者のほとんどは素人とのこと。
なんでも、リオの回りにあるあちこちの貧民街コミュニティーに募集をかけて2000人規模のオーディション開催。その中の200人に6ヶ月間にわたる演技指導を行い、そこからキャスティングしていったそうです。
初回限定のDVDには、その様子もたっぷり用意されていて、とても興味深かったです。

200人もの素人を使うという監督の趣旨には、当然回りからの猛反対があったそうですが・・・
選ばれた彼らは誰もかれもとてもパワフルで強い眼差しをもっていて、とても魅力的でした。
今も、「神の街」では、ギャングたちの抗争が絶えないようで、それは、本当に憂うべきことなんですが・・・それでも、そんな中、たくましく生き抜く者たちにはどこか清々しさを感じてしまい・・・
思わず、拍手を送りたくなってしまう、そんな映画でした。




【2008/08/30 16:53】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<グラフィックデザイナー | BLOG TOP | 脱毛>>
この記事に対するコメント
再び
お邪魔しま~す。
IHURUさんが良いと言っていたこの作品を観ましたよ!

ものすごく衝撃的な内容なのに、POPなムードで、
ほんとクールでしたね!
監督はCM界から来た人だったんですね~納得。

IHURUさんは初回DVDをご覧になったんですか?
そのオーディションの模様、面白そう~
みんな素人とは思えない演技でしたね。
【2008/10/02 18:09】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集 ]
RE
YANさん

何だかチャットのような感じで、コメント確認してしまいました。w

わぁ~い、見てくださったんですね!^^
そうそう、CMっぽい洗練されたシーン、多いですよね。

わたしの場合、この映画との出会いは、うちの旦那がレンタルしてきたことです。
2人ともすごく気に入って、そしたら、いつの間にか旦那が初回DVDを購入していました。で、それにオーディションなどが入っていたのです。

その様子はとても面白かったですよ~。主演2人のインタビューや練習風景もあり・・・ご近所だったら、お貸ししたいくらいです!w

そうそう、リトル・ゼを演じた彼は、実はとても「穏やかな」性格なんだそうです。
【2008/10/02 18:23】 URL | IHURU #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/474-d0bd998c


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。