上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
DMC デトロイト・メタル・シティ
お気に入り度:★★★★★
松山ケンイチ君のなりきりぶりにワハハと笑わせてもらいました!クラウザーさん、万歳!\(>▽<)/


2008年:日本
監督:李闘士男
出演:松山ケンイチ、松雪泰子、加藤ローサ、ジーン・シモンズ、大倉孝二

きのう、レイトショーで観てきました。ちびちびとビールなめながら。
本当は、16時の回で観ようと思っていたのですが、30分位前に着いたら、既に売り切れ。しかも、次の回も1,2列目しか残っていない(全席指定の映画館)ということで、それならレイトショーにしようということでレイトショーにしたんですが・・・
レイトショーだと1200円だし、公然とビール飲みながら楽しめるので、良いですね。(^^*)

いやあ、面白かったです!
松山ケンイチ君は、本当に芸達者で、改めて驚かされました。

松山君扮する根岸崇一君は、おしゃれ系ポップス(オザケンとか)が大好きな乙女系男子で、ポップスターになることを夢見て、大学進学を機に上京します。
大学では可愛い同級生相川さんや自分を慕ってくれる後輩に囲まれ、おしゃれな東京一人暮らしを満喫していたのですが・・・

訪問したレコード会社の社長に見初められてしまい(!?)、卒業後は、なぜ~かデスメタルバンド・DMC(デトロイト・メタル・シティ)のボーカル・クラウザーに!
白塗りの額には「殺」の文字。 熱狂的なファンの前で、「うぉぉぉ~!!!」と雄たけびを上げ「殺害せよ、殺害せよ、殺害せよ・・・」と歌い叫んではいるものの・・・

心の叫びは、

「僕がしたかったのは、こんなバンドじゃない~!!!」

というもの。(以下、ネタばれ含みます)

そんな時、相川さんに再会。喜んだのもつかの間、彼女がアンチDMCだということを知ってしまったから、さあ、大変!正体がばれないよう四苦八苦。
さらには、後輩がおしゃれ系ポップスの世界で成功をつかみかけていて・・・「自分は一体何をやっているのだろう?」と、さらに悶々としてしまいます。けれど、その内面とは裏腹にDMCの人気は高まるばかりで・・・。

とにかく、松山君の「根岸君」モードと「クラウザーさん」モードのスイッチが見事でした。
もちろん、かつらやメイクで外見もがらりと変えられているわけですが、台詞回しや声の質(「根岸君」の時は1オクターブ高めで、「クラウザーさん」の時は1オクターブ低め)も基本姿勢(「根岸君」は内股でなよなよ、「クラウザーさん」はオレオレ系)も徹底して演じ分けていました。
特に面白かったのは、クラウザーさんの格好で、根岸君モードに入った時でした。「殺」って書いてあるのに、内股でなよなよっとしてて。(>▽<)爆笑ものですよ、あなた!

0808DMC2.jpg

『DEATH NOTE』と同じく、こちらも漫画からの映画化だそうですが、今回もかなり原作のキャラクターイメージを忠実に再現しているんじゃないですかね?
わたしは漫画は読んだことがないのですが、ちらっと見たアニメ(アニメ化もされている)のイメージとはばっちり符号していましたよ。

そして、松山君、甘甘のラブポップスとデスメタル(旦那に言わせると、デスメタルというよりハードロックとのこと)の両方の歌まで披露しています!
劇中では、本人が歌っているのかどうか定かではなかったのですが、最後、しっかり「唄 松山ケンイチ」と出ていました。ん~、すごいっ!

でもって、この映画、松山くんだけでなく、それぞれのキャラクターにそれぞれのキャストが生きていました。

デスメタル狂いの女社長は、松雪さんが。・・・凄かったですよ。捨て身というより、楽しんでいる感じがして、良かったです。細身の体に黒皮超ミニスカはばっちり!パンチラもありました☆
そして、憧れの同級生相川さん役には、加藤ローサが。こちらは可愛かった~。ひたすらに。
そして、DMCの追っかけの面々。特に、リーダー格を演じた大倉孝二さんは、おもろかった~。はまりすぎっ!

また、おまけとして・・・
出だしのシーンの挿入歌がカジヒデキだったんですが、途中本人が顔を出していて、思わず旦那と顔を見合せてしまいました。

全編を通じて、コメディタッチではあるのですが、その根底にあるテーマは夢!で、これは青春物語です。
「音楽を通じてたくさんの人に夢をあたえたい」と思って上京した根岸くんが、「こんな歌では夢はあたえられない」と挫折し、そして、そこからどんな答えを見つけていくか・・・
その答えはクライマックスのバトルライブに終結していきます。

バトルライブのシーンは、笑いもあるんだけれど、正直、しびれました。
思わず、熱狂的ファンと一緒に"Go to DMC, Go to DMC!"と拳を振り上げたくなってしまいました。

長くなってしまいましたが、ワハハッ~と笑えて、夢と希望と元気をたっぷりもらえるすてきな映画でした!



【2008/09/02 00:48】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<Dream News | BLOG TOP | ビジネスフォンで・・・>>
この記事に対するコメント
IHURUさん、こんにちは!
これ劇場鑑賞されてきたんですね~
私もテレビの宣伝などで面白そうだなと思ってましたが、
IHURUさんの記事からその興奮ぶりが伝わってきましたよ。
ひょっとしてビールがさらに高揚させてくれたりして(^▽^;)

ほんとに、松山ケンイチくんは芸達者なんですね!
どんな役でもこなせるから、これからがすごく楽しみな俳優です。
【2008/09/04 10:38】 URL | YAN #9L.cY0cg [ 編集 ]
RE
YANさん、こんばんは~

はい、観て来ました!
かなり興奮しました、ハイ。
なんか最初のほう、お客さんの反応がイマイチ薄く、ワハハと笑いずらかったですが・・・
最後の方では、かなり大きな笑が起きていました。

本当に今後が楽しみですね~♪
【2008/09/05 00:04】 URL | IHURU #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/480-9881bf3c


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。