上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
JUNO
お気に入り度:★★★★
「おもしろかった♪」と軽くは言いきれないけれど、印象的な作品でした。

JUNO/ジュノ <特別編>
JUNO/ジュノ <特別編>
posted with amazlet at 08.11.24
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-11-07)
売り上げランキング: 994


2007年:アメリカ
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:エレン・ペイジ、マイケル・セラ、ジェニファー・ガーナー、ジェイソン・ベイトマン、オリヴィア・サルビー、J.Kシモンズ
公式HP:JUNO

もし私が中学生か高校生の頃にこの映画を観ていたら、主人公のJUNO(エレン・ペイジ)の、そして、この映画の大ファンになっていたと思います。
でも、私はもう中学生でも高校生でもないから、"She's so cool!"とばかりは思っていられなくて・・・
観ている間中、何だか胸の中を内側からひっかかれているような、そんな感覚ありました。

JUNOは16歳の高校生。
バンド仲間のポーリー(マイケル・セラ)に興味本位でセックスを仕組み、妊娠してしまいます。
検査薬で3度続けて陽性の結果。JUNOは即座に「中絶」を決心します。けれど、「おなかの赤ちゃんにも爪がある」ということを知り、その決心をにぶらせます。(以下、ネタばれ含みます)

中絶するのは嫌だ。
でも、母親にはまだなれない。

JUNOは迷うことなく、赤ちゃんを産んで、すぐに養子を出すという選択をします。
タウン誌で見つけた「養子求む」の広告。仲の良さそうな素敵なカップル、ヴァネッサ(ジェニファー・ガーナー)&マーク(ジェイソン・ベイトマン)の写真を見て、JUNOはその2人に赤ちゃんをあげようと決意して・・・

とにかくポンポンと話は流れていきます。
JUNOはある意味、潔い。
躊躇することなく赤ちゃんを産む決心をして、両親に養子縁組するための協力を仰ぎます。
その時のパパ(J.Kシモンズ)と義理のママ(アリソン・ジャネイ)の反応も、なかなか潔い。「母親になるのは無理だけど、赤ちゃんはおろしたくない」というJUNOの気持ちをすぐに汲んで、一言も反対しないんです。
まあ、JUNOがけっこう突拍子もない娘だっていうのが分かっていたからかもしれないけれど。w

ともかく、JUNOは養子縁組したカップルのマークとも気が合い、赤ちゃんも何の問題もなく育って域順風満帆。でも、ある日突然、マークが「ヴァネッサと別れる。親になるなんてまだ準備ができていないんだ」と言い出したから・・・

JUNOにひきかえ、マークは何とも男らしくない。
しかも、JUNOは自分に恋をしていると勘違いしてしまって・・・痛い男です。まあ、確かにJUNOはマークに好意を持っていたと思うんですが、でも高校生にとって、マークなんてオッちゃんだよね。w

それにしても、旦那よりも「赤ちゃん」をとってしまうヴァネッサの気持ち、全然分かりませんでした。
大好きな人を失っても、「母親」になることを選ぶ、って。しかも、血の繋がらない子供の。
まあ、アメリカでは養子縁組が頻繁に行われているし、ハリウッドスターの間などではある種のステータスになっているから、養子に対する心の垣根は日本人よりずっと低いんでしょうけど・・・。
でも、結婚生活を破綻させてまで・・・っていうのは・・・(ーー;)?

それに、JUNOが腹ぼてになって、それからやっとポーリーへの気持ちに気がつくっていうのも・・・
ちょっとさみしいな・・・と思ってしまいました。老婆心かしらねぇ~、これって。

ともあれ、JUNO役のエレン・ペイジは雰囲気ばっちりでした。
そして、JUNOのパパ=J.Kシモンズと義理のママ=アリソン・ジャネイも最高でした。
サントラも良いです♪エンディングの曲は、エレン・ペイジとマイケル・セラが実際に歌っているのかな?




【2008/11/24 15:14】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<犯人に告ぐ | BLOG TOP | 脱毛するなら・・・>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/646-f71a16c9


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。