上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
僕の大事なコレクション
お気に入り度:★★★★
あははと笑える前半。しんみりくる後半。ウクライナの田舎の景色が素晴らしい(ロケはプラハだそうだけど)ロードムービーです。(*^ ^*)

僕の大事なコレクション 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2008-07-09)
売り上げランキング: 23919

2005年:アメリカ
監督:リーブ・シュライバー
出演: イライジャ・ウッド、ユージン・ハッツ、ボリス・レスキン、ラリッサ・ローレッド
公式HP:僕の大事なコレクション

もう1つのブログで「ロードムービーのマイベスト5」という記事を書いたときに、たんぽぽさんからご紹介いただいたロードムービーです。
ロシアが舞台ということで、勝手にロシア製作かと思い込んでいたんですが、製作はアメリカでした。
そして、舞台も正確にはウクライナでしたが、なかなかに素敵なロードムービーでした。

黒髪、厚底眼鏡、七三分けのアメリカ在住ユダヤ人ジョナサンを演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』の小さい人でおなじみのイライジャ・ウッド。
恥ずかしながら、わたし、エンディングロールを見るまで、「な~んか見たことあるんだけどなぁ」と、彼であることに気付いていませんでした。パッケージも最初のクレジットにも注意を払っていなかったんですよ。
いやぁ~、印象ガラリと違いました。まあ、1度知れば、イライジャにしか見えませんが。w

さて、そんなジョナサンには、ちょっとおかしな趣味があります。
それは、家族にまつわる物をコレクションすること。自室の壁には、幼少の頃から集めたありとあらゆるくだらないものが、ビニール袋に入れられてピンでとめられています。
そのコレクションに新たに加わったのは、臨終の祖母から手渡された1枚の写真。その写真の中の若い祖父の隣にいる女性の胸には、かつて祖父が大切にしていたペンダントがかけられており・・・。

その写真を見て、強い好奇心にかられたジョナサンは、写真の裏に書かれた「アウグスチーネとトラキムブロドにて」という言葉をたよりに、祖父の故郷ウクライナへと旅立ちます。

所変わって、ウクライナ。
ジョナサンを出迎えたのは、インチキくさい英語を駆使するアッパー系の青年アレックスと、「目が見えない」と言い放ちながら車を運転するアレックスの祖父。
そして、やたらに吠えるサミー・デイビス Jr.Jr.という名の一匹の犬。
アレックスは「ユダヤ人の祖先探し業」を営む父親から、通訳としてジョナサンの旅の同行をするよう命じられていたのです。

かくして始まった3人と1匹の「トラキムブロド」探しの旅。

内向的で潔癖症気味のジョナサン。
何だかちょっと間違ったアメリカ文化にかぶれ、ジョナサンの名前も間違えたまま呼び続けるアレックス。
ユダヤ人は大嫌いだ!と公言する彼の祖父。
犬嫌いのジョナサンになぜかぴったり寄り添ってくるサミー・デイビス Jr.Jr.。

英語とウクライナ語の違い。文化の違い。
でこぼこの3人によって、繰り広げられるユーモラスな旅の妙。
そして、「トラキムブロド」に隠されていたいくつかの事実。

アレックス役のユージン・ハッツも祖父役のボリス・レスキンも、もちろん主役のイライジャ・ウッドも、それぞれにとてもいい味を出していました。
特に、ユージン・ハッツは自身ウクライナ出身のアメリカ移民ということで、ばっちりきまっていました。役者としてはこれがデビュー作ということですが、とても存在感がありました。ミュージシャンならでは?
そうそう、彼はロマ(ジプシー)・パンク・バンド「ゴーゴル・ボーデロ」のボーカルということで、その音楽にも興味がわきました!この映画のサントラにも関わっているとのことで、これがまたいいサントラだったんですよ。

最後に。旅の終わりに見つかった向日葵畑に囲まれた一軒のお家。
おとぎ話の中に出てくるような美しさでした。

たんぽぽさん、素敵な映画を紹介してくれて、ありがとう♪

みなさんも、機会があったら、ぜひご覧になってみてください。
くすくす笑えて、じんわりくる映画ですよ。ラストにはちょっと驚きを隠せませんでしたが。




【2009/01/14 20:59】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<おとなの投資 | BLOG TOP | ラスト、コーション>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/706-f5cc9a61


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。