FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
風と共に去りぬ
お気に入り度:★★★★★
美しく、たくましく、直情的なスカーレットがたまりません!(*>▽<*)

風と共に去りぬ [DVD]
風と共に去りぬ [DVD]
posted with amazlet at 09.01.16
ワーナー・ホーム・ビデオ (1998-12-18)
売り上げランキング: 9453

1939年:アメリカ
監督:ヴィクター・フレミング
出演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、オリヴィア・デ・ハヴィランド、レスリー・ハワー

『風と共に去りぬ』については、以前、本のレビューを書いたことがあるのですが・・・
今回は映画のほうです。
1939年なので、ずいぶんと昔の映画です。まだ、カラーが出たばかりのころ、かな。

でも、何年たっても、色褪せない名作です!!!

本を読んだのは中学生の時なんですが、主人公スカーレット・オハラ - 自分の美貌を鼻にかけ、どんな男も自分の意のままだと思っている。自由気ままにふるまって、都合が悪いことについては「それはまた明日考えよう」とつぶやいて、再び思い出すことはない - のとんでもなく素敵な性格が大好きになってしまいまして・・・
それから数年、高校を卒業する頃にやっとこの映画を見ました。

原作に思い入れがあると、映画化されたときにがっかり、なんてことはよくある話ですが、この映画は原作ファンの期待を裏切らないものだと思います。
ま、それもそのはず、1939年の第12回アカデミー賞で作品賞をはじめ8つの賞を受賞、他4つの賞にもノミネートされていた名作ですからね。

とにかく、わたしの中では、あこがれてやまなかったスカーレット・オハラを演じたヴィヴィアン・リーのイメージがあまりにもぴったりすぎて仰天しました。・・・ま、よく考えたら、わたしが持っている文庫本の表紙はこの映画の彼女の似顔絵だったので、そっりゃあ、ぴったり合うわけだったんですが・・・
でも、それでも、狡猾な笑顔とか癇癪おこすさまとか、ぱっと花が咲いたような笑顔とか、本当に美しく、素敵で、原作同様に、ヴィヴィアン・リー演じるスカーレットの大ファンになってしまいました。

そして、いつも彼女の身を案じ、けれど、それは微塵もおくびに出さすに、彼女をからかって怒らせたり、ふいに喜ばせたりするレッド・バトラーを演じたクラーク・ゲーブル。

彼もまた最高!!!
映画が始まった頃には、何この髭面で油っぽい顔。これがあのレットなの!?と、不覚にもむっときてしまったんですが、映画が進むにつれ、彼のちょっとニヒルな笑い顔にやられてしまいました。

レットは、スカーレットが自分に好意を持つ人間に対して、その好意をとことん利用するだけという無慈悲な性質をよく理解していたので、彼女に求婚し結婚してもなお、決して彼女に彼の本当の愛を告げることはしなかったのですが・・・。
そういう細やかな演技もばっちりでした。
主演男優賞は逃してしまっているのですが、それが悔しくてなりません。

で、このスカーレット、レットの二人のほかに、この映画には二人の主要人物がいます。
スカーレットが愛する(というか愛していると錯覚していた)アシュレ・ウィルクスとその婚約者メラニー。メラニーはスカーレットとは正反対で慈悲に溢れた聖母のような女性で、彼女を演じたオリヴィア・デ・ハヴィランドは合っていましたね。

でもね、アシュレ役のレスリー・ハワー。
これは納得いかな~~~い!!!スカーレットが愛している思い続けるほどの魅力が全然感じられなかったですよ。
ってか、スカーレットはアシュレの中身なんて全然理解しないままずっと恋焦がれていたんだから、もっと外見の良い殿方じゃないと~!

・・・え?単にオマエの好みじゃないだけだって?

ええ、そうですとも!!!

何だか書いているうちに興奮してきてしまいました。
そして恐ろしいことに、これだけ書いても、まだ、4人の人物紹介しかできていません・・・(--;)
ま、ま、ストーリーを知りたい方は、こちらに詳し~く書かれていますので、読んでみてください。m( _ _ )m → Wikipedia『風と共に去りぬ

不朽の名作、必見です☆
あ、でも、228分という長さなので、それにはお気をつけくださいね♪




【2009/01/16 21:47】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<ブライダルエステ | BLOG TOP | アルバイト>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/710-db0e9421


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。