上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
K-20 怪人二十面相・伝
お気に入り度:★★★★★
金城くんのK-20、とろける格好良さでした。@(>▽<)@

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
VAP,INC(VAP)(D) (2009-06-24)
売り上げランキング: 1007

2008年:日本
監督・脚本:佐藤嗣麻子
出演: 金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子

雨の降りしきる金曜の夜。
相方が飲み会でごはんいらないということで、衝動的に一人でとことこレイトショーに行って参りました。
ポップコーンにビール。そして、最高に格好いい金城くん!一週間の疲れが吹き飛びましたわ~♪

わたしは何を隠そう(いえ、全然隠してないし、何度も公表してるけど)、金城武の大ファンです!
ただし、日本語を話している金城くんはあまり好きではないので、これまで日本映画は敬遠していました。でも、この映画はなかなか好評だし、予告編も面白そうだったので、行ってきました。

行って正解!大正解でした~!
ところどころひっかかる台詞回しはあったものの、それを上回る格好良さでした!
まあアクションが多いので、長い台詞が少なかったことも大きかったとは思いますが、それ以上にちょっとコミカルさのあるこの役は、金城くんにぴったり!長身が生きたアクションシーンも、それはもうむちゃくちゃス・テ・キでした。

「怪人二十面相」。名前だけは聞いたことがありましたが、実際に読んだことはありませんでした。といっても、この映画の原作は江戸川乱歩ではなく、北村想の小説『完全版 怪人二十面相・伝』です。
北村氏は「二十面相は普段何をしているのだろう・・・と子供ながらに思い、大人になったら二十面相の伝記を書くんだとずっと思っていた」ということで、本家本元の「怪人二十面相」を別の角度から伝記風に書いたそうです。

子供の頃大ファンだった作品の続きを書くなんて・・・デカい夢をかなえたものですなぁ~。

まあ、それはさておき。原作とは舞台の設定が変わっているようです。
舞台は第二次世界大戦が回避された1949年の架空都市「帝都」。華族制度が続き、社会の格差がますます広がる中、世間を賑わせていた「怪人二十面相=K-20」。
そんなK-20に罠をしかけられ、K-20に仕立てあげられてしまったサーカス団員の遠藤平吉(金城武)。
平吉は無事に疑いを晴らすことができるのか・・・?

K-20の罠により、明智小五郎(仲村トオル)に逮捕されてしまった平吉は、サーカス団の天才からくり師、源氏(國村隼)とその仲間によって助け出されます。
そして、偶然、明智小五郎の婚約者、羽柴陽子(松たか子)が本物のK-20に追いかけられているところに出くわし・・・。

・・・と、まあ、こんな感じで物語は進んでいくんですが・・・
最後の最後までどんでん返しがあって、ドキドキハラハラしてしまいました。トリックのネタあかし部分もとても分かりやすく、全体的にストンと頭に入ってきて、楽しめる作品でした。

道具など使わないで、ビルを登ったり障害物を飛び越えたりするフランス発祥のスポーツ「パルクール」が取り入れられたアクションは見所満載!金城くんが、全部、自分でやったのかどうかは定かじゃありませんが、すごくはまっていました。
格好よくキメルだけじゃなく、高いところから飛び降りて「あ、いて」というしかめつらをしたり、「すっげぇ~!!!オレ!」と自分の身のこなしに酔いしれるシーンもあって、そういうところにまたキューンときてしまったりして。w

ワイヤーを使ってビルからビルに飛び移ったり、ビルから飛び降りたり、その自分の状態に「わははは~」となっているあたりは、どうしてもスパイダーマンを彷彿してしまいましたが・・・
監督自身は意識していなかったそうで、むしろ「ターザン」がイメージだとか。
・・・ん~・・・でも、わたしは、冒頭の上空撮影~アニメーションでのイントロからしてスパイダーマンっぽく感じてしまいましたね。ラストの陽子とのシーンもスパイダーマン1とかぶったし。

ともあれ、金城くん以外の役者さんも素晴らしかったです!
仲村トオルさんの明智小五郎はクールでニヒルで、そして、金城くんのK-20が明智に扮しているという場面ではコミカルな一面も。幅の広さが感じられましたわ~。
松たか子さんの羽柴陽子は世間知らずのお嬢様。お嬢様だけど「良家の子女のたしなみ」として合気道もできるし、プロペラ機も操縦できるというスーパーお嬢様!お嬢様ゆえの「純粋さ」と「天然さ」を兼ね備えたこの役は彼女にぴったりで、要所要所でしっかり笑わせてもらいました。

そして、源氏役の國村隼人さん!コロンボ?みたいな衣装が意外に似合っていました。w
何にもまして、金城くんとのオトボケコンビぶりが最高!彼の女房役の高島礼子さんもいい味だしていたし、平吉を慕う子役の子も可愛かったな。

総括すると、とっても楽しめるアクションムービーです☆
わたし的には、金城くんの魅力を楽しめる映画としては五指に入るのではと。これは必見ですよ!

あ、エンディングに流れるオアシスの曲もかっちょ良かったです♪




【2009/01/31 14:00】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<生命保険選び | BLOG TOP | エステでリフレッシュ>>
この記事に対するコメント
相方がいない日はレイトショーに限りますよね(笑)。
今回の金城くん、鼻血とインド人がツボでした。
台湾オチャラケ映画時代を思い出すなあー。
【2009/02/03 22:03】 URL | ぴむ #- [ 編集 ]
>ぴむさんへ
いいですよね、のんびりレイトショー。w
金城くん、台湾時代はそんなに知らないんですが、あの変装シーンは良かったですよね。
わたしはドクターとマッサージ師がつぼでした。(>▽<)
【2009/02/04 20:57】 URL | IHURU #- [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/731-6f3c85ba


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。