上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


05 | 2018/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『フェーンチャン ぼくの恋人』 映画レビュー&予告編
お気に入り度:★★★★★
タイでメガヒットした一作です!めちゃくちゃ可愛い!!!国は違えどノスタルジーってのは、同じなんだなぁ~。(*´ー`)

フェーンチャン ぼくの恋人
ジェネオン エンタテインメント (2005/10/21)
売り上げランキング: 20551

2003年:タイ
監督:コムグリット・ドゥリーウィモン、他
出演:チャーリー・タライラット、フォーカス・ジラクン
公式HP:フェーンチャン ぼくの恋人

前置きが長くなりますが。
わたしがこの映画を見たのは、仕事のためにタイの首都バンコクで暮らしていた時です。タイでは、映画の上映期間が非常に短く、ハリウッドの超大作だろうがなんだろうが、2~3週間で打ち切られてしまうのが当たり前。
そんな中、この映画は、爆発的人気を誇り、なんと半年以上も上映が続いていたのです。(1日の上映回数に制限が設けられつつですが)

知り合いのタイ人も大絶賛していたこの映画。在タイ中、わたしも2回観に行ってしまいましたよ!!!(1回目はひとりで、2回目は友達を連れて)
タイで見たので、もちろん日本語の字幕なんてないし、わたしのタイ語力なんて、挨拶程度。
でもなぜか英語の字幕がついていたので、いくらか助かりましたが、まぁ、タイ語だけで意味が分からなくても、きっと楽しめたと思います。

だって、もぉ~、主演の男の子(チャーリー・タライラット)が、ものごっつ可愛いんですものっ!!!アジアの可愛さ爆発ですよ!!! ※相手役の女の子も美少女です。

物語は、青年ジアップが母からの電話で、おさななじみのノイナーが明日(明後日?)結婚式を挙げること、実家に招待状が届いていることを知ったところから始まります。
その時ジアップは他の友人の結婚式に出席するため、車を走らせていたのですが、偶然カーステに入れたテープ(懐メロ)を聞くうちに、昔の思い出がよみがえり・・・

と。ここから、舞台は青年の幼少時代に変わります。ここでチャーリー君の登場です。

ジアップとノイナー。(また、このタイ語の発音がかわいい響きなんだな)
母親同士が仲良くって、生まれたときから、いつも一緒に過ごしていた2人。2人一緒なら、いつだって楽しくって。
だけど、ジアップもそろそろ男の子の仲間が欲しい年頃。男の子たちからは、ノイナーと縁を切ったら仲間に入れてやると言われ・・・思わず、ノイナーに意地悪してしまうジアップ。

やっかみや、ひやかしは思春期につきもの。
そして、この後の展開は、ノイナーが急に引っ越してしまい、ジアップは「ごめんね」も「さよなら」も言えなかった、という常套手段。
なのに、なんでしょう。とっても良いのです。新鮮さはないはずなんですが・・・そこがまた良いのです。

単純に過去の思い出として、とりあつかっているところがいいのかな。へんに思い出を美化しているわけでもなく、へんに今の生活に続かせようともしていない。

ところで。この映画、サントラにタイの懐メロがいやというほど使われています。で、それも万人うけした要因らしいんですが。
なんででしょう。わたしも昭和の歌謡ポップスを聞くのと寸分たがわぬノスタルジーを感じてしまいました。もちろん、わたしはタイの懐メロなんて知らなかったわけですが、でも、懐メロだってことは、すぐ分かりました。曲調とかですかねぇ?懐かしい!と思わずにいられず、思わず、サントラ購入してしまいました。笑

可愛い子役に弱い方、タイ映画をまだ見たことない方、ぜひぜひご覧になってみてください♪





予告編
http://www.youtube.com/watch?v=uy6CdFschfk&feature=related



【2006/12/20 23:55】 映画レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<アヒルと鴨のコインロッカー | BLOG TOP | 暗いところで待ち合わせ>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/91-145c7f16


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。