上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
きみの友だち
シェアブログbookに投稿

なつかしい時間と空間。本当の「友だち」って・・・?

きみの友だち (新潮文庫)
重松 清
新潮社
売り上げランキング: 2966

昨年末、「発表!今読みたい新潮文庫 2009年 / 今、おすすめの作家アンケート第3位」という帯がかけられて、本屋の棚に積まれていた本です。
重松 清には、既に何度か号泣させられているので、これもタイトル的に泣けるようなお話なのかしらん?と思いながら手に取りました。

・・・で、読み始めたのですが・・・途中なぜか行方不明になり・・・つい先日、ベッドの下から発見したので、半年以上の時を経て、ようやく読了となりました。
全体を通して、じわ~んと泣きたくなる部分もあったのですが、それよりも、胸がつんつんするような痛がゆさのようなものを感じました。

いやはや、「重松さん、あなたは本当に中年の男性ですか?」って質問したくなるくらい、小中学生の頃の女の子同士の関係が絶妙に描かれていました。(男の子同士のことも描かれています)

クラスで浮いている子。
お調子者の子。
リーダー格の子。
・・・

ループで続く「はじきあい」

なつかしい時間と空間。とても狭い世界で、でもそれが全てだったから・・・
みんな友だち作りに必死になっていて・・・

表題になっている「きみ」は、ある事故がきっかけで足が不自由になってしまった女の子恵美ちゃんです。
明るい普通の女の子だった恵美ちゃんは、それがきっかけで、ちょっと変わってしまいます。簡単に言うと、他人をよせつけない感じに・・・。
でも、それは決してマイナスってことではなくて、事故とその後の「由香ちゃん」との関わりの中で、恵美ちゃんの中での「友だち」の定義が変わっただけのこと。

「わたしは『みんな』って嫌いだから。『みんな』が『みんな』でいるうちは、友だちじゃない、絶対に」

恵美ちゃんの言葉は、ぶっきらぼうでも、確たる信念と愛が溢れていて、心に響いてきました。

物語は恵美ちゃんの話から始まり、恵美ちゃんの身近な人たちが順々に主人公となっています。
そこに描かれる誰もが、そこで起こるどの出来事もが、まるで自分が見てきた人たち、ことたちのようで、ふむふむとうなりながら読み進めました。
甘酸っぱさとは違う、どこか痛がゆいような・・・なつかしさ。

そして、今になっても、時折、分からなくなる「友だち」との関係。

読み返すたびに、新しい発見がありそうな一冊です。







【2009/08/10 22:54】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<気になる英語学校 | BLOG TOP | アロマポット>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://ihuru.blog46.fc2.com/tb.php/967-9a07b748


このページの先頭へ

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。