上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ALL will be Happy
本と映画のレビュー、旅行記&お小遣い稼ぎでライター記事を書いています☆


10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
IHURU
  • IHURU
  • IHURU(♀)
    三十路街道まっしぐら☆
    2009年12月に女の子を出産しました♪
  • RSS1.0




ADVERTISEMENT   






 


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
『だれかのいとおしいひと』 本のレビュー
お気に入り度:★★★★
アンハッピーな恋の行方を描いた短編集なのですが、からっと気分爽快になれました。

だれかのいとしいひと (文春文庫)   だれかのいとしいひと

裏表紙の紹介に「どこか不安定で仕事にも恋にも不器用な主人公たち。ちょっぴり不幸な男女の恋愛を描いた短編集」とあったので、少しブルーな気分になるかもしれないと覚悟を決めて読んだのですが・・・
むしろ清清しさを感じる一冊でした。

最初の2編(『転校生の会』『ジミ、ひまわり、夏のギャング』)は大好きな恋人に不条理にふられた女の子が主人公。
序盤では別れの原因や現在のやるせない心境を語っているのですが、それぞれラストで、ふと心が軽くなる瞬間が訪れます。悲しくて苦しくて、でも、ちょっとしたことがきっかけで、まるで悟りが開けたかのように気持ちが変わること。
もちろん、まだ悲しいのだけれど、でも、しかたなかったんだ、前を向こう、と新しい気持ちになれるとき。そういう時って、ありますよね?その描き方がなんとも絶妙で、強く共感できました。

これは2編目の最後の一節なのですが・・・

さっき歩いた道を駅へ向かって歩いているだけなのに、あたしはなんだか、未知の場所へ、ときおり追っ手を気にしながら、それでも意気揚々と向かっていく、宝物をごっそり背負ったギャングみたいな気分になれる。

「ギャングみたいな気分になれる」というフレーズがいたく気に入ってしまいました。

[READ MORE...]
【2012/07/15 15:37】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
『間宮兄弟』 本のレビュー
お気に入り度:★★★★
時間をおいてみたら、これはこれで素敵な兄弟なのかな、と。(実際いたら近寄らないと思うけど)

間宮兄弟 (小学館文庫)   間宮兄弟

江國フリークだった20代。この本が出たときに読んだときは、イマヒトツだったなと残念に思った気がするのですが、数年ぶりに読み返したら、最初とは違った味わいが感じられました。
大きく変わったのは間宮兄弟の印象です。
痩せて神経質の兄明信とふくよかでおおらかな弟の徹信はともに彼女いない歴、歳の数。二人のなかむつまじい暮らしぶりに以前は「気色悪いー!」となってしまったのですが、今回はなんだか微笑ましく見守れました。

数々の苦い体験から、恋愛なんてしないほうが平穏でいいと思っている明信は、レンタルビデオ屋でバイトしている女子大生の直美ちゃんを「心の恋人」と慕っています。
けれど、同じような青春時代を過ごした徹信はいまだ希望を捨てておらず、兄にももっと積極的になったほうがいいと葉っぱをかけ…

[READ MORE...]
【2012/07/07 15:29】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
『ひそやかな花園』 本レビュー
お気に入り度:★★★★
実は現在の社会問題が満載されているのに、まったく堅苦しくなく、すいすい読める面白さ!

ひそやかな花園
ひそやかな花園
posted with amazlet at 12.06.03
角田 光代
毎日新聞社
売り上げランキング: 33565

子どもの頃、夏になると行っていたどこか。7つの家族が集まり、遊んでいた記憶。
最初の章では子どもたちがそれぞれの視点で夏のその集まりを語っていきます。
内気な子、勝ち気な子、優等生、いじめられっ子・・・。
彼ら彼女らから語られる夏の出来事は、日常とはちがう特別にきらきらしたものであったり。しっかりものの姉をえんじなければならない場所であったり。初恋に出会う場所であったり、それぞれです。

共通するのは子どもたちが一様にこの集まりはなんだろうと感じていること。
子どもたち同士が同級生なわけでも、家が近所なわけでも、昔からの友達というわけでもなさそうな上に、年に一度だけ集まる7つの家族。
その疑問はまるまる読み手がわに伝わってきて、一体何なんだろう?と先が気になって仕方なくなりました。

続く第2章では時代設定が進み、それぞれ大人になった彼ら彼女らが登場します。
現在の自分の状況、心境が表され、ところどころで、あの夏の日々が振り返られていきます。
やはりあの集まりはなんだったんだろうという気持ちが全員にあり、ふとしたことから、彼ら彼女らは一人、また一人と、再会を果たしていきます。そうして少しずつ明かされていく謎とは・・・。

[READ MORE...]
【2012/06/03 21:54】 本レビュー | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
『終末のフール』 本レビュー
お気に入り度:★★★★
ラストのパパの想いに、胸がつーんとなりました。(;へ;)

終末のフール (集英社文庫)   終末のフール

地球に彗星が衝突して、世界が終末を迎えると宣言されたのが8年前。
世界中がカオスの渦に巻き込まれ、5年たった今。なんとなく、世界は平和な日々をとりもどしつつあった。そんなフィクションの現在に生きる、幾人かの人たちの物語です。

舞台は終末を迎えている仙台。
主な主人公はヒルズタウンという名の、いかにもありそうなマンションの住人たち。年齢も性別も別々の彼ら彼女らが、それぞれ順々に、地球滅亡が報道されてからの出来事を振り返りつつ、今の生活を語るというもの。
ありそうで、なさそうで、でもありそうな。なんとも絶妙なバランスです。

とある夫婦はずっとできなかった赤ちゃんができ、生むかどうかの決断にせまられ…。
ある者は復讐に向かい、けれど、以外な方向に話は進み…。
はたまた、両親が自殺しちゃった若者や、両親を殺されちゃった若者などなど。

[READ MORE...]
【2012/04/10 00:11】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
『魂萌え!』 本のレビュー
お気に入り度:★★★★
現実にありそうなストーリー設定に、ゾクッとしてしまいました。(ホラーでもサスペンスでもないのに…)

魂萌え !   魂萌え!〔上〕 (新潮文庫)   魂萌え!〔下〕 (新潮文庫)

定年を迎えた夫と夫婦ふたりで老後を過ごしていくと思っていたら、ある日、突然、夫が心臓発作でぱったり亡くなってしまう。なんの兆もなかったその死に、59歳の敏子は呆然とするばかり。
その上、夫の死後、予想だにしていなかった愛人の存在が明らかになるわ、久しぶりにアメリカから帰ってきた息子は遺産がどうのと騒ぎ立てるわ、娘のほうも「お兄ちゃんだけが相続するのはずるい!」と牙をむくわで・・・。

桐野夏生さんの小説にしては、おとなしい部類にはいる作品だと思います。
とりたてて、すごい事件に発展するわけでも、いやーな後味につながるわけでもない。
けれど、背筋にゾクッとくるものはあって・・・。なんていうか、リアルにありそうな話しすぎて、冷や汗がたれてきました。

59歳。
34歳(あ、もうすぐ35歳だ)の今のわたしにとっては、まだ先のお話なのですが・・・。
他の人との恋なんてありえないと思っていた伴侶が実は・・・とか。精一杯世話をしてきた子どもたちが大きくなって、好き勝手に生きていく、だとか。
そういうのって、これから先の人生で、いくらだって起こりうることだろうと思ったら・・・。

[READ MORE...]
【2012/03/23 23:43】 本レビュー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<前のページ | BLOG TOP | 次のページ>>

Since 2006-03-17





カスタム検索
カテゴリー
ブログ内検索
月間アーカイブ
    


RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。